相場格言集・東京総合研究所・大山充監修

【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】 【ハ】 【マ】 【ヤ-ワ】 【A-M】 【N-Z】 【バフェット】

相場格言集【サ行】






綿密な調査と冷静な判断を元に最初から取り引きを行うことができれば、指値を簡単に取り消すことはしないでしょう。しかし、全く迷いがない人はいません。予想とは違う動きをすることがある相場が相手なら尚更です。相場の動きに翻弄され、自分の判断に自信を失い、迷うことが必ずあるでしょう。その際に、指値を取り消すことでチャンスを失うこともあるという格言です。




この格言は逆張りの格言です。値動きの変動は一般的には、1~2割です。3割以上の変動があることは特別な場合であり、その時は反動が出るため、相場の動きとは逆の売買を行えば成功するという格言です。




株価が急に上昇したり、下落する裏には何かしらの材料(要因)が存在します。しかし、その材料が表に出るのは、必ず株価の変動後です。そのため、相場の変動に惑わされて売買をすると材料によって損を被る場合もあります。逆に、材料にこだわりすぎると価格の流れに置いて行かれるという格言です。




最初の株式取引では、損をしたほうがいいという格言です。初めての投資で儲けてしまうと、自分の腕を過信してしまう可能性があります。そうなると、後々の取り引きで大損することもあるため、はじめのうちに損したほうが、学ぶべきこともあるということです。




「未来を予測する最良の方法は過去の出来事や経験から学ぶことである」という18世紀のイギリスの詩人バイロンの言葉からきた格言です。相場も同じく、相場の動きを予想するためには、過去の変動を見ることは大事なことであるということです。




人より先に行動すれば、早く成功に近づくことや有利な立場に立つことができるということです。相場でいえば、周りが売買しているのを見てから売買をしても、既に天底であることが多いため、周りよりも先に売買を行うことが大事であるということです。




酒田五法による格言です。相場が下落中に、窓開け(空の状態)が3回続いた場合は、大底が近づいている可能性が高いため、買いに慎重になることが大事であるという意味です。




酒田五法による格言です。相場が上昇中に、窓開け(空の状態)が3回続いた場合は、天井が近づいている可能性が高いため、売りに慎重になることが大事であるという意味です。




大体の物事は、最後の5分間が大事であると言われています。しかし、相場の世界に限っては、最初の5分間の仕掛けが重要であるという格言です。




相場の動きは経済界・景気とは直接関係なく変動します。そのため、経済の動きは参考程度にとどめておき、相場そのものの動きを見て、分析することが重要であるという格言です。




下値圏で出来高が増加しているとき、誰かがその株を買っているということです。特に要因(材料)がない場合、その中には、インサイダーで何かしらの情報を入手した人たちが買っている可能性があり、後に、大相場になる可能性があります。一般投資家がその情報を得ることはできませんが、チャートを注意深く見ることで、兆候をつかむことは可能です。




相場が新値をつけた場合は、その流れに乗ったほうが良いという格言です。これまで示したことのない新値を相場がつけた場合は、それ以上の新値を付けることが多いため、早まって逆張りを行うことは危険です。流れに逆らわないことがよい成果をもたらします。




売買の難しさを現している格言です。取り引きにおいて、買いよりも売りのほうが数倍も難しいとされています。買いはタイミングの問題で損益は関係ありませんが、売りは損益が直接絡んでくるため、儲かっているときは欲が出てしまったり、損切りを躊躇したりしてしまうためです。




田附政次郎の言葉です。株価を変動させる材料(要因)は、隠れているうちは意味があります。しかし、一度周知に知れてしまったら無意味になり、その相場は終わりに近づくことを指しています。




損切の重要性を説いている格言です。一般投資家にとては、損切を決断することは損失を確定する行為なため、難しいことだと思います。しかし、買った後で「しまった」と思ったらすぐに手仕舞うことが大損に繋げないために大切なことなのです。




下値圏で出来高が増加しているとき、誰かがその株を買っているということです。特に要因(材料)がない場合、その中には、インサイダーで何かしらの情報を入手した人たちが買っている可能性があり、後に、大相場になる可能性があります。一般投資家がその情報を得ることはできませんが、チャートを注意深く見ることで、兆候をつかむことは可能です。




相場が新値をつけた場合は、その流れに乗ったほうが良いという格言です。これまで示したことのない新値を相場がつけた場合は、それ以上の新値を付けることが多いため、早まって逆張りを行うことは危険です。流れに逆らわないことがよい成果をもたらします。




売買の難しさを現している格言です。取り引きにおいて、買いよりも売りのほうが数倍も難しいとされています。買いはタイミングの問題で損益は関係ありませんが、売りは損益が直接絡んでくるため、儲かっているときは欲が出てしまったり、損切りを躊躇したりしてしまうためです。




田附政次郎の言葉です。株価を変動させる材料(要因)は、隠れているうちは意味があります。しかし、一度周知に知れてしまったら無意味になり、その相場は終わりに近づくことを指しています。




損切の重要性を説いている格言です。一般投資家にとては、損切を決断することは損失を確定する行為なため、難しいことだと思います。しかし、買った後で「しまった」と思ったらすぐに手仕舞うことが大損に繋げないために大切なことなのです。




下値圏で出来高が増加しているとき、誰かがその株を買っているということです。特に要因(材料)がない場合、その中には、インサイダーで何かしらの情報を入手した人たちが買っている可能性があり、後に、大相場になる可能性があります。一般投資家がその情報を得ることはできませんが、チャートを注意深く見ることで、兆候をつかむことは可能です。




相場が新値をつけた場合は、その流れに乗ったほうが良いという格言です。これまで示したことのない新値を相場がつけた場合は、それ以上の新値を付けることが多いため、早まって逆張りを行うことは危険です。流れに逆らわないことがよい成果をもたらします。




売買の難しさを現している格言です。取り引きにおいて、買いよりも売りのほうが数倍も難しいとされています。買いはタイミングの問題で損益は関係ありませんが、売りは損益が直接絡んでくるため、儲かっているときは欲が出てしまったり、損切りを躊躇したりしてしまうためです。




田附政次郎の言葉です。株価を変動させる材料(要因)は、隠れているうちは意味があります。しかし、一度周知に知れてしまったら無意味になり、その相場は終わりに近づくことを指しています。




損切の重要性を説いている格言です。一般投資家にとては、損切を決断することは損失を確定する行為なため、難しいことだと思います。しかし、買った後で「しまった」と思ったらすぐに手仕舞うことが大損に繋げないために大切なことなのです。




下値圏で出来高が増加しているとき、誰かがその株を買っているということです。特に要因(材料)がない場合、その中には、インサイダーで何かしらの情報を入手した人たちが買っている可能性があり、後に、大相場になる可能性があります。一般投資家がその情報を得ることはできませんが、チャートを注意深く見ることで、兆候をつかむことは可能です。




相場が新値をつけた場合は、その流れに乗ったほうが良いという格言です。これまで示したことのない新値を相場がつけた場合は、それ以上の新値を付けることが多いため、早まって逆張りを行うことは危険です。流れに逆らわないことがよい成果をもたらします。




売買の難しさを現している格言です。取り引きにおいて、買いよりも売りのほうが数倍も難しいとされています。買いはタイミングの問題で損益は関係ありませんが、売りは損益が直接絡んでくるため、儲かっているときは欲が出てしまったり、損切りを躊躇したりしてしまうためです。




田附政次郎の言葉です。株価を変動させる材料(要因)は、隠れているうちは意味があります。しかし、一度周知に知れてしまったら無意味になり、その相場は終わりに近づくことを指しています。




損切の重要性を説いている格言です。一般投資家にとては、損切を決断することは損失を確定する行為なため、難しいことだと思います。しかし、買った後で「しまった」と思ったらすぐに手仕舞うことが大損に繋げないために大切なことなのです。




下値圏で出来高が増加しているとき、誰かがその株を買っているということです。特に要因(材料)がない場合、その中には、インサイダーで何かしらの情報を入手した人たちが買っている可能性があり、後に、大相場になる可能性があります。一般投資家がその情報を得ることはできませんが、チャートを注意深く見ることで、兆候をつかむことは可能です。




相場が新値をつけた場合は、その流れに乗ったほうが良いという格言です。これまで示したことのない新値を相場がつけた場合は、それ以上の新値を付けることが多いため、早まって逆張りを行うことは危険です。流れに逆らわないことがよい成果をもたらします。




売買の難しさを現している格言です。取り引きにおいて、買いよりも売りのほうが数倍も難しいとされています。買いはタイミングの問題で損益は関係ありませんが、売りは損益が直接絡んでくるため、儲かっているときは欲が出てしまったり、損切りを躊躇したりしてしまうためです。




田附政次郎の言葉です。株価を変動させる材料(要因)は、隠れているうちは意味があります。しかし、一度周知に知れてしまったら無意味になり、その相場は終わりに近づくことを指しています。




損切の重要性を説いている格言です。一般投資家にとては、損切を決断することは損失を確定する行為なため、難しいことだと思います。しかし、買った後で「しまった」と思ったらすぐに手仕舞うことが大損に繋げないために大切なことなのです。




下値圏で出来高が増加しているとき、誰かがその株を買っているということです。特に要因(材料)がない場合、その中には、インサイダーで何かしらの情報を入手した人たちが買っている可能性があり、後に、大相場になる可能性があります。一般投資家がその情報を得ることはできませんが、チャートを注意深く見ることで、兆候をつかむことは可能です。



トップへ戻る

お問い合わせ

  • click↑メールにて承ります。 無料投資相談は初心者から資産運用設計までご相談ください。 折り返しお電話ご希望の場合はお時間をお知らせ下さい。
  • よくあるご質問