【1.日経平均先物とは?】 【2.情報とツール】 【3.各社口座比較】 【4.初心者が陥る罠】 【5.日経平均先物を始める準備と手順】
【6.銘柄選択の基本】 【7.OPの基本】

日経平均先物で儲ける方法⑦

日経平均先物オプションの基本 【実践講座③】

日経平均先物オプションの種類


日経平均先物には、ラージとミニ、さらにそれぞれに限月がありました。
ラージでは、3月限(さんがつぎり)、6月限、9月限、12月限と4つの限月があり、ミニは毎月限月が選べましたね。

一方、オプションは少し選ぶ種類が多いです。
まず、この限月は、ミニと同じように毎月ありますが、もう2つ種類があります。

コール、プット、そして、行使価格です。それぞれについて見ていきましょう。

コール(CALL) とは?


オプションには、コールとプットがあります。(こららそれぞれに限月、行使価格があります)

そのコールという商品ですが、これは、いくら(行使価格)以上上がったら、その差額が価値になる、というものです。

注意:難しい言い方をしているところでは、以下の表現を取っています。

コール:決められた行使価格でいつでも買える権利。

つまり、行使価格2万円のコール(コール2万円と呼ぶ)なら、日経平均がいくらの時でも2万円で買える、ということです。

つまり2、日経平均が23000円の時にも2万円で買える(権利を行使すれば)ので3000円儲かる。

つまり3、日経平均23000円の時、コール2万円は3000円の価値がある。

つまり4.2万円以上上がったら、その差額が価値となる。

ということです。 権利がある、という言い方に耳を傾けないで、それ以上になれば、その差額が、価値である、と単純に覚えて下さい。


プット(PUT) とは?


オプションのプットはコールと同じくそれぞれに限月、行使価格があります。

プットの場合はいくら(行使価格)以下に下がったら、その差額が価値になる、というものです。

プット:決められた行使価格でいつでも売れる権利。

つまり、行使価格2万円のプット(プット2万円と呼ぶ)なら、日経平均がいくらの時でも2万円で売れる、ということです。

つまり2、日経平均が17000円の時にも2万円で売れる(権利を行使すれば)ので3000円儲かる。

つまり3、日経平均17000円の時、プット2万円は3000円の価値がある。

つまり4.2万円以下に下がったら、その差額が価値となる。

ということです。 コールと性質は反対で
それ以上の価格差が価値となるものがコールで それ以下の価格差が価値となるものがプットです。 (*それ:行使価格のこと)

OPの価格推移実際(CALL)を見る


単純な日経平均先物とOPとのもっとも大きな違いは、価格推移の理由です。
日経平均自体の上下に日経平均先物もOPも連動しますが、OPにおいてのみ、時間的な変化が現れます。

例えば、日経平均が今と1ヶ月後と比べて変わらなければ日経平均先物の価格も変わりません。
今日経平均が、20649円 日経平均先物3月限が20650円だとすると

1ヶ月度、に日経平均が同じく、20649円なら、日経平均先物3月限も20650円です。

ところがコール3月限21125円は今、230円だとすると、1ヶ月後には43円となります。
同時にプット3月限219750円は今、215円だとすると、1ヶ月後には29円となります。

コール、プットともに、日経平均が動かなければ、価格は下がります。

さらに、この価格変動のその率は、行使価格によっても、限月によっても違います。

この表は、同じコールで3月4月の各限月で下落率がどれくらいか見たものです。
おなじ価格帯のもので比べてみました。

3月限4月限価格推移



3月限4月限価格変化率推移

この表から4月限より、3月限の方が下落率が大きいことがわかります。
これは近い限月ほど、時間に対しての減衰率が大きいことを示しています。
この例はコールの例ですが、プットも同じです。

<<実践②