日経平均先物OPとは

日経平均先物OPなら6つの特筆すべき特徴であらゆる場面で有利です。


暴落相場では

1:24時間ヘッジできる

株式信用売りでもヘッジできますのが日中だけです。

2:小さな資金でヘッジできる

株式保有銘柄を売却せずにヘッジできます。

持ち合い相場では

3:動かないことには取れない相場でもオプション(OP)なら利益がでます。

株式は上下に動かない限り利益がでませんが、OPならレンジ相場で利益を出せます。

一日何回でも取引できる

4:決済した後でもすぐに同じポジションを建てられ、また決済できます。

株式は、一日一回転だけです。

絶対の早い換金性

5:利益確定の翌日に出金できます。

株式は4日間待つ必要があります。

あらゆる場面で戦略が組める

6:急騰・急落・乱高下・じり高・じり安・持ち合い

すべての相場状況で、有利な戦略が取れます。

日経平均先物OP取引方法

【1】 ネット証券で口座開設
証券会社の先物OP口座を開設します。松井証券・SBI証券などがおすすめです。

【2】 必要資金
ミニ1枚7万円程度、OP1枚30万円程度が必要です。合わせて先物OPでは100万円程度ひ必要です。

【3】 銘柄種類
日経平均先物(ラージまたはミニ)、コールOP、プットOPの3種類だけです。

OPリベンジとは?

弊社独自の戦略をメールでお送りするサービスです。
難しい戦略やポジション量もすべて計算され、配信されます。
分析方法に「モンタナシステム」を使用し、最新の解析結果をお送りします。 是非、トライアルをどうぞ。

  


新たに3枚だけで100万円を目指すキャンペーン実施 !!




日経平均先物OPの特徴を最大限に活かします。


OPなら確率を1/3から2/3に上げられます。


配当だけ狙うことも可能です。


どちらかに大きく動く場合に対応するのも日経平均先物OPの特徴です。





実際の計算は弊社モンタナシステムで高速、瞬時に行われます。
有利な価格をマイニングし戦略決定を行います。




このチャートは日経平均が真ん中(黄色い帯)を中心に動いた場合のOPの価格です。
時間とともに、価格が動いても、OPの価格は下がっていきます。




これはその時の利益推移です。
価格の下がるものを売っているので時間とともに利益になっています。





さらに市場が持ち合い(動かない)状態になれば、利益は最大になります。


OP価格


利益推移


Q: 最低資金が無くても対応して頂けますか?

A: 出来ますが、利益計算は配信時の枚数で計算されます。必要証拠金の1/2程度であれば、枚数を1/2にしても有益なトライアルです。


Q: 注文を見逃した場合は?

A: 配信は一律に行われ、トライアル上は計算されます。間に合わなくてもポジションの方向を合わせ、不明点がありましたらご連絡下さい。


Q: 過去配信例にあるように1日で終了することもありますか?

A: 1日でも100万円の利益を達成することがあるので、終了します。

Q: 指示メールの例を教えて下さい?

A: 以下のような簡単で見やすい具体的な指示メールとなっています。
指示メール1

※”指値“とある場合のみ指値注文してください。その他の指示は全て成行です。 (指値以外の指示メール内の価格は、指示時点の取引値です。)


お電話はお気軽に

0120-700-888

お問い合わせ

  • click↑メールにて承ります。 無料投資相談は初心者から資産運用設計までご相談ください。 折り返しお電話ご希望の場合はお時間をお知らせ下さい。
  • よくあるご質問